鍼灸治療で多い五大慢性疾患

鍼灸治療を長くしていると、特に患者様の多い疾患があります。病院で多い症状とは違い、運動機能に携わる慢性疾患で来院される方が多くいらっしゃいます。

実際、鍼灸は、薬や手術で治しにくい筋肉や腱・血流・神経の症状を和らげたり・改善することが得意です。

鍼灸治療の五大慢性疾患

  • 肩こり:多くの日本人が悩んでいる症状で、鍼は筋肉や腱に届く最適な方法
  • 腰痛:デスクワーク・パソコン・スマートフォンの普及で腰痛の人は増えました。昔から腰痛と鍼灸の相性はいい
  • 五十肩:日常生活に支障をきたすやっかいな疾患。当院は五大疾患の中でも特に力を入れています。
  • 坐骨神経痛:おしりや下肢にしびれやつっぱりがでる疾患。おしりのコリを緩めます。
  • ひざ痛:ひざの痛みがあると、日常生活に支障をきたしカラダ全体が衰えますので早期治療に努めましょう。

どれも慢性的な疾患で、病院に行っても原因がはっきりしないことが特徴、原因不明だと治療できずに、鍼灸院に駆け込む方が多いです。鍼灸は、明治時代に西洋医学が入ってくるまで、日本の医療の根幹でした。肩こりや坐骨神経痛など慢性的な疾患に悩んでいる方は、経験豊富な鍼灸師に見てもらってはいかがでしょうか。

ビタミン剤やコンドロイチンなどのサプリメントを飲むだけでは、なかなか治りません。

治し家鍼灸院は、最も多い五大慢性疾患を含む(肩こり、腰痛、五十肩、坐骨神経痛、ひざ痛)症状に加えて、現代病(パソコン病、パニック障害等)の改善・治療に努めています。杉並区西荻窪で開院していますので、遠慮なくお問い合わせください。

厚生労働省の五大疾病と保険会社の慢性疾患

厚生労働省は、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患の5つを五大疾患として重点的な対策を行っています。以前は、4大疾患でしたが、うつ病・認知症などが増えていることから精神疾患を加えて「5大疾病」としています。

保険会社が重視するのは、3大疾病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)&5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)が中心。これらは、内臓・脳の病で、痛みや苦痛も激しく、まず病院にかかる方が良い症状。

基本的に西洋医学は対症療法が得意で、東洋医学は慢性疾患が得意。

 

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ