骨ぎわの深層筋をケアするふくらはぎマッサージのやり方

かどや式ふくらはぎ インナーマッスル(深層筋)マッサージ

ふくらはぎマッサージ

2011年に、石川式のふくらはぎマッサージを改良して、自分でもふくらはぎの深部の深層筋をマッサージできるようにしました。

かどや式ふくらはぎマッサージのやり方

1. マッサージする方の下肢を自分の膝くらいの高さの所にのせ“くの字”に曲げ、ふくらはぎ内側が上面にくるようにします。この時マッサージしない方の下肢で立っています。

2. 母指(親指)を重ねて、母指におへそをのせる感じで体重をのせます。 母指で押すのではなく、母指に体重をのせるのです。

3. 経絡の各ラインにそって、母指に体重をのせながら、母指を移動させてゆきます。このラインにそってコリがつながっています。

4. 経絡のラインは、ふくらはぎの内側の骨(脛骨)ぎわの肝経、1横指アキレス腱よりの脾経、そのまた1横指アキレス腱よりの腎経、アキレス腱上の膀胱経(中央ライン)、外側の骨(腓骨)ぎわの胆経の5ラインです。
この5つのラインを目印に重ねた母指で圧をかけてゆきます。

次に、デスクワークをしながら簡単にできるふくらはぎマッサージを紹介します。

簡単にできるふくらはぎマッサージ

1. 椅子に座った位置で、ふくらはぎを他方の膝小僧の上に置いて、ふくらはぎの重さを膝小僧にかける。

2. ひざの重みをかけながらふくらはぎをすべらせて、膝小僧でふくらはぎをマッサージする。

特にこっているところを膝小僧でマッサージすると、痛気持ちいいですよ。
あおむけになっていてもできるので、私は寝るときふとんの中でもやっています

ふくらはぎマッサージをやったあとは、足が軽くなって、ついでにからだもあたたまって気持ちいいですよ。

 

あわせて読みたい関連記事

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ