頭痛を治すには、首のこりをほぐして血流を改善する

治し家鍼灸院にいらっしゃる方の頭の症状で圧倒的に多いのは頭痛とめまいです。

実は、一般的に悩まされやすい頭痛とめまいの原因は同じということをご存知でしょうか。

一般的な頭痛の原因は血流にあります。

頭痛の直接的な原因は、頭皮の下を流れる血流が滞ってしまうことです。血管の中に血液がたまってしまい、滞って流れなくなってしまった血液が頭の神経を刺激して頭痛が起こります。頭痛が起こる場所としては、主として、後頭部・側頭部・頭頂部です。

くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛は、急激に激しい痛みが出ることが多く、生命にかかわることもあります。この場合はすぐに病院で診察してもらってください。

頭部鍼により滞っている血流を解消

場所はちがっても頭痛の原因は同じですから、治療法も同じです。
頭痛を解消するためには、滞っている血液をなくして やればいいのです。
治し家鍼灸院では、「頭部鍼」と呼ばれる鍼によって滞っている血液をなくして ゆきます。頭痛が起きている痛みの中心に頭部鍼を行います。

根本原因は首のこり

でもなぜ頭の血流が滞ってしまうのでしょうか?
その根本原因は首にあります。頭への血流は、必ず首を通ります。首の筋肉がこっていて血管を圧迫すれば、頭に行き来する血流が悪くなります。それが頭痛の原因になります。ですから、首のこりをほぐすことが頭痛の根本治療となるのです。

治し家鍼灸院は、首の治療を専門にしている鍼灸院です。

当院では、痛くなく深いところにあるコリをほぐすことができる鍼法(深層筋鍼法)を開発して、頭痛や目の疲れをはじめ、パニック障害やうつなど様々な症状に応用しています。

首のコリを見つけ、的確に鍼でほぐしてゆくことにより、頭痛を根本的に解消してゆきます。

●頭痛の起きやすい部位
頭痛の起きやすい部位

偏頭痛の原因と治療法

偏頭痛とは、首のこりにより、いつも頭部の同じ部位にある血管の中の血液の滞りが起こってしまうため、同じ部位に頭痛が起きてしまうのです。編頭痛も他の頭痛と同じように鍼治療で血流を改善すれば、症状が改善してゆきます。

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ