かどや式深層筋療法の原理

ねんざ・骨折の慢性痛・慢性病を短期間で治せる
「かどや式深層筋療法」

■かどや式が発見した深層筋の真実

このところ、深層筋について、自分自身かなり、いろいろな発見をしています。
そして「かどや式深層筋療法」はオリジナルで、これまで分かっていなかった発見があることを感じています。
先日、書き出した「深層筋は過去を記憶する」ことも発見でした。

今日、ご紹介することは、ねんざや骨折のあと、残ってしまった慢性痛を治せる「かどや式深層筋療法」についてです。

 

-慢性の痛みの原因は、炎症ではなく深層筋のマヒ-

【ねんざの病理】

■足首のねんざとは

例えば、足首をねんざするとします。
足首のねんざとは、足首の腱にその腱が耐えられる以上の重さ(負荷)が一瞬にしてかかってしまい、腱が元に戻らず縮んでしまう状態です。

■腱や筋はバネと同じ

腱や筋はバネと同じです。
バネは、ある一定の重さがかかって伸びても、重さが取れるとバネは元の状態に戻ります。
しかし、耐えられる以上の重さが急にかかってしまうと重さがなくなってもバネが元の状態に戻らず、バネは伸びっぱなしか縮みっぱなしになってしまいます。

■バネが壊れて縮みっぱなしの状態がねんざ

バネが壊れてしまった状態がねんざです。
バネと違うのは、腱や筋が壊れると、バネのように伸びっぱなしになるより、縮んでしまうことです。

 

【炎症のある急性期の治し方】

■炎症

ねんざのように怪我で、腱を損傷すると、そこを治そうとリンパ液や血液が集まってきて腫れて痛みます。これを炎症といいます。
言い方を変えると、腱が損傷するとその周りの循環が悪くなり、血液やリンパ液が滞るといってもいいかもしれません。

■炎症の治療は冷やすことと反射

その時の治療は、2~3日は、赤く腫れて熱を持つので炎症を早く抑えるために患部を冷やします。
また治し家では、患部と関係している部位から鍼または指圧で反射を起こすことで炎症を治します。

■交差する手首と足首は関係している

関係している部位とは右手首と左足首、左手首と右足首です。

■人間の動きは四足動物と同じ

これは、「前肢後肢反射」とよばれる腱の反射理論を使っています。
実は、人間の動きは、人間が四足動物だった時代の仕組みで動いています。

■前肢後肢反射

ここでは詳しく述べませんが、四足動物だとすると手と足は同じです。右手が出ると左足が出て動くようにできています。
ですから、右手と左足、左手と右足は連動しています。
連動とは反射を起こしていることでもあります。

■左足首を右手首で治す

ですから右足首を壊すと、同じ反応(コリ)が左手首に現れます。
その時、左手の反応(コリ)の部位から右足首の患部に刺激(気など)を送ると、右足首の症状が改善するという反応が起きます。

■東洋医学の特色は遠隔治療

東洋医学は、経絡を使ったり、内臓内壁反射を使ったり、相似性相関(フラクタル理論)を使っての遠隔の治療が得意です。
ねんざのときは、前肢後肢反射という腱反射を使って、右足首を治療するのに左手首の反応(ツボ)を使って、右足首の炎症などの症状を治してゆきます。
患部を直接治療できない炎症期(急性期)には、遠隔からの治療を行い、炎症が早く治るようにします。

 

-筋・腱は再生する-

【慢性期の痛みの治し方】

■なぜ炎症がとれても痛むのか

炎症がとれると痛みもラクになります。
そのため炎症が痛みの原因であると考えられています。
ですから炎症を取れば痛みはラクになります。

しかしです。炎症が取れた後でも痛みが残ることがあります。
これはなぜでしょうか。

ねんざで腱が損傷したとします。
炎症が取れ、大きな痛みはなくなり歩くこともできるようになりました。
しかし体重をかけたり、冷えたりすると歩くときに痛いというケースがあります。

■損傷した腱の硬化

これは、腱が損傷して治っても、その腱が硬くなってしまっているためです。
ねんざや骨折などで筋肉・腱が傷ついた後、細胞が修復していく過程で、繊維状の結合織によって傷が修復された状態になっています。(線維化と呼びます)
繊維状に硬くなっている部分は伸び縮みができなくなるので硬化として残るのです。

簡単にいうと、怪我したあと、怪我が治ってもその傷跡が残るという状態です。
この時も痛みがでます。
特に炎症が起こっていないのに痛みが出ます。

■線維化

線維化とは、腱のマヒの一種です
治療は、この線維化して硬化した腱のマヒを取ればいいのです。

■腱は一瞬で再生する

腱の硬化がとれると、腱は元の状態に戻ります。
ここが筋・腱のすごいところです。
筋・腱は年をとっても再生するのです。
歯のように再生できない器官ではなく、骨のように復元するのです。
しかも一瞬で再生することもできるというすごい能力を持っているのです。

■腱の硬化がとれると痛みがなくなる

線維化して硬化している腱に鍼をすることで腱が柔らかくなると、実は痛みがなくなります。
何年間もその痛みで苦しんでいた方も一瞬で痛みがなくなり、動きも普通になります。

■数回の治療で復元できる

もちろん、硬化している部分が広い範囲にわたっているときは、一回で完治というわけにはいきませんが、それでも何回かの治療で復元します

この「かどや式深層筋療法」の事実を皆さんに知っていただきたいです。

あわせて読みたい関連記事

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ