パニック障害や似たような症状でお困りの方へ

たいていのパニック障害は3ヶ月~4ヶ月ほどで改善します。

特に改善が難しい疾患ではありません。

そして、当院に来院され改善された方のほとんどが再発していません。

パニック障害と似た症状

2012年(平成24年)の1月から2015年(平成27年)10月までの約3年10ヶ月で258名のパニック障害の方を診させていただいたデータに基づくものです。

パニック障害は脳の異常だけではなくカラダの不具合から起こるもの

なぜこれまでパニック障害や似たような症状(動悸、予期不安、過緊張、過呼吸etc)でお困りの方が治りにくかったかというと、パニック障害を精神疾患あるいは脳の異常とだけ診断して、治療されていたからだと思います。

パニック障害は“カラダの不具合”が原因となって発生する動悸や発作、その他の症状であることが多いです。

精神薬を使っている人の場合

パニック障害は3ヶ月~4ヶ月で改善していくと述べました。しかし、これには条件があります。「精神薬を使っていない人なら」という条件です。長期間抗うつ薬や抗不安薬を使っている人は、薬を減薬・断薬していくのに別途時間がかかることもあります。一方、お薬を使われていない初期の方では3ヶ月もかからず改善される方も多くいらっしゃいます。

減薬・断薬していく速度は、その方が飲まれていた薬の種類や期間によって異なってきますが、薬を急にやめるとカラダへの負担が強いので、薬を飲みながらでもいいのでカラダから治していきます。すると次第に動悸や発作が軽減していくので、ご本人が薬を減らしたいと思うタイミングで、“少しずつ”減らしてくのをおススメしています。

カラダに余計な負荷をかけないように、騙しだまし減らしていくことがコツです。患者様の症状が改善していくことで、かかりつけのお医者様に相談しながら、少しずつ減らしていくことが理想です。

減薬・断薬

当院のパニック障害治療法

多くの方が目標とされることは、お薬に頼らずパニック障害だということを気にせずに日々の生活を送りたい、というゴールです。

お薬を飲みながらお仕事を続けることが改善への道なのかどうか、長くお薬を飲まれている方でしたらよくご存じだと思います。パニック障害でお困りの方にとっての理想は「パニック障害の症状がなくなり、薬も病院も治療院も必要なくなること」です。当院は、パニック障害から動悸や発作を起こす方に特有で生じる首や肩のコリを鍼灸の技でほぐしながら、「ご自分でパニック障害を治す方法」を同時にお伝えして、患者さまと共にゴールを目指していきます。

パニック障害は精神の病ではなくカラダの不具合から起こる異常です。

まず最初の診察で鍼灸による治療を体験していただき、その次にどのようにしてパニック障害による動悸や発作が起こるのかのメカニズムを、誰にでもわかるように難しい言葉を使わずにご説明しながら、その治し方をお伝えしていきます。

パニック障害などの精神疾患は身体から治していくことができる!?

そして、通院が必要なくなるように卒業までサポートして参ります。

※納得してくださった方にだけ通っていただいているので、気になる方はぜひ一度お気軽にお越しください

当院に通われて改善された患者様の多くに言われるセリフがあります。

それは「気がついたら同年代の誰よりも健康になっていました。そして、本来の姿を取り戻せたばかりか以前よりもパワフルになったので人生が楽しくなりました。」というお言葉です。

意図してなかったことなので、毎回本当に感動させられます。 卒業されるときは、皆さんご自分のカラダを自分でメンテナンスできるようになられているので、本当にパワフルです。

ご自分の夢や目標に向かって楽しい人生が送れるよう、治し家スタッフ一同最後までサポートさせていただければ幸いです。 ぜひ、一度ご来院ください。お待ちしております。

  • 東京都杉並区西荻北3-22-22 第七フロントビル 2F アクセス(地図)
  • JR中央線「西荻窪駅」北口から歩いて1分
  • 電話番号:03-5938-7048 / FAX:03-5938-7049
  • 診療時間: 9:00~19:00
  • 診療曜日: 火・水・金・土

お気軽にお問合せください。

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ