パソコン病のしくみ

なぜパソコンのコリはとれないのか?

現代はパソコンの時代。全世界の人々がパソコンを使っています。
長時間、座って指と目を酷使するため、「パソコン病」と呼ばれる現代病が現れてきました。
パソコンで疲れたからマッサージに行く人は多いことでしょう。

しかしマッサージしている間とその後の少しの時間はラクだけど、また戻ってしまうのではないでしょうか。

これは、原因であるパソコン作業を再開するから戻ってしまうのだと思っておられるかもしれません。
しかしそうではありません。

実はマッサージではパソコンのコリは根本的には治らないのです。


 

表層筋と深層筋(インナーマッスル)

パソコン病1人間の筋肉・腱や働きのことを知ると、この理由がわかります。

人間の筋肉・腱には、「1.動かすための筋肉・腱」と「2.支えるための筋肉・腱」があります。
動きの筋肉・腱は表面にあります(表層筋)。
支えるための筋肉・腱は奥にあります(深層筋)。

人間が動作をするときは、まず奥の支える筋肉(深層筋・インナーマッスル)が動き、次に表面の筋肉(表層筋)が動くのです。それでスムーズな動きが生まれます。

ですから深層筋に負担をかけるような姿勢を長く続けたり同じ動作を長く続けると、姿勢を保つための支える筋肉である深層筋がこってきます。

パソコンはキーボードを指でたたくという動作と、マウスを手のひらで掴んで動かす、目で画面を見るという動作です。

指を使うという動きは、指から腕、肩甲骨、背中に伝わります。長時間やっていると指の腱が痛んできて腱鞘炎になります。
腕の腱もこってきて、肩、背中がこってきて、いわゆる肩こりです。

ギックリ腰や寝違いも「奥の筋肉や腱」がマヒしていてスムーズな動きができなくなり、無理に動かそうとすると、表面の筋肉が損傷して痛むのです。

深層筋は瞬発力のある強い力はでないのですが、持久力のある筋肉です。一方表層筋は瞬発力があり、強いパワーが出ます。しかし持久力はありません。

パソコン作業のように、同じ姿勢で、指や手のひらを弱い力で、同じ動作を長時間繰り返すという動きは、表層筋より深層筋がこってしまいます。
これが長時間続けば深層筋はマヒ(拘縮)してしまうのです。

凝るとは、筋肉というバネが伸び縮みしなくなって縮みっぱなしになっている状態です。縮みっぱなしになることを専門用語で「拘縮」といいます。
当院では普通には「マヒ」と言っています。

 

マッサージでは深層筋のコリが取れない原因

同じ姿勢を保っている時は、深層筋が働いてその姿勢を支えているわけです。

スポーツなどして、背中や肩が凝るときには、表面の表層筋が凝るので、コリの感覚は痛む、熱感があるような筋肉痛のときの感覚です。
普通にマッサージすれば、表層筋のコリはとれます。

軽い筋肉痛なら2,3日放っておけば治ります。
(プロスポーツマンのように同じ動作を繰り返すときは、表層筋と深層筋の両方が凝ります。)

深層筋が凝ると、奥が重いという感覚がでてきます。
痛くはないのでが重たくだるい。

そして揉んでもほぐしてもその重さがとれません。芯が残っているわけです。

深層筋がマヒ(拘縮)している時は、マヒをとる必要があります。

深層筋は骨に付いていて、付着部は腱と呼ばれ、硬いスジになっています。
背中では表皮から肋骨まで2センチ、背骨までは4センチほどあるので、そこに届く刺激は普通のマッサージでは難しいのです。

それで、マッサージを受けても表層筋のコリがとれるだけで、深層筋のコリは残ってしまうため、すぐに重さが戻ってしまいます。

これがマッサージに何度通っても背中や肩のコリがとれない原因なのです。

温熱療法や鍼治療は、深層筋のマヒ(拘縮)を直接とれる治療法です。

マヒしているところ、腱が骨に付いている一箇所への温熱や鍼、指圧の刺激によってマヒをとっていくのです。

この方法で、慢性化して治らなかったパソコン病が治りはじめます。

 

治し家 鍼灸院パソコン病療法コンテンツ一覧

 

パソコン病の症例(患者様からの声)

あわせて読みたい関連記事

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ