温泉療法のメッカ・伊豆船原館にて心も体も癒す旅、開催決定!

※お陰さまでこちらのツアーは大成功の後に終了いたしました。
皆様のご参加、誠にありがとうございました!

第二回
天城流湯治司・錬堂と治し家かどちんと行く湯治ツアー in伊豆

【開催日時】
2012年2月25日(土)~27日(月)2泊3日

昨年9月に実施し、大変ご好評を頂いた 【天城流湯治法湯治司・杉本錬堂氏と行く、 伊豆湯治ツアー】 を今年も開催いたします!

touji_tour

ヒーリングマスターである、天城流湯治法・湯治司の杉本錬堂氏の天城流湯治法を皆様に体験していただくツアーです。

場所は、2000年から温泉療法に取り組み、今や温泉療法の先駆者としても全国で有名な、伊豆・船原館
名物の「たち湯」で行なう温泉療法は、本当に気持ち良く、体の不調もスッキリと改善されます。

fasad1

忙しさやストレスに追われる日々、日常を忘れて、ゆっくりとお身体をいたわってみませんか?

1.伊豆での温泉湯治のススメ
2.第二の故郷にふさわしい伊豆「船原館」
3.天城流湯治法とは?
4.杉本錬堂氏プロフィール
5.治し家院長かどちんからのメッセージ
6.ツアー日程詳細
7.ツアーのお申し込みについて
8.湯治ツアーへのよくあるご質問
9.前回開催時の参加者様からの声
10.ツアーについてのお問い合わせ

伊豆での温泉湯治のススメ

忙しい現代社会で暮らすということは、デジタル機器とコンクリートの建物に囲まれた刺激的な生活を送ることになります。
スピードと競争に追いまくられていてはストレスも溜まります。

そのストレスを癒せる方法の一つが温泉旅行です。

2011-09-18 13.40.28

「旅とは非日常を味わうこと」という言葉もありますが、本来、日本人が持っていた「和」の文化に、日常生活で触れることがなくなってしまい、旅行や特別な食事の時にだけ触れるようになりました。

ところが、欧米の文化や人々に長く触れていると、和風文化に触れたい・日本人で良かったと思いたいとの思いが募ってきます。
最近、京都旅行や九州の黒川温泉・湯布院温泉が人気を集めているのも、日本の文化・日本の故郷に触れたいという思いの現れではないでしょうか。

東京の近くにありながら、そんな日本の故郷(ふるさと)を色濃く残しているのが伊豆半島です。
伊豆は、鎌倉幕府の創始者源頼朝が、流人として流され北条政子と恋に落ちた由緒ある場所です。
修善寺温泉にある修禅寺は、(地名と寺名で善と禅の名前が違いますね)頼朝の弟「範頼」、息子「頼家」が幽閉された場所としても有名で、源氏の歴史巡りも楽しい地です。

第二の故郷にふさわしい伊豆「船原館」

「船原館」は、修善寺温泉から少し南の伊豆市船原の地にあり、天城越えで有名な天城山の豊かな自然に恵まれた宿です。

sisetsu_img

館の雰囲気は古い木材をふんだんに使った建物で古き良き日本を心から味わうことができる宿ですが、その中でも船原館館主の自慢は二つ。
「温泉」「料理」です。

1. 源泉100%かけ流しと究極の癒し

毎分130リットルの豊富な湯量で湧き出す温泉は、源泉100%かけ流しです。
伊豆屈指の良質な温泉は47℃の熱さで湧き出し、疲労回復・慢性消化器病・筋肉痛・皮膚病など様々な効能を持ちます。

日光東照宮の「眠り猫」をはじめ、数々の名作を残した工匠・左甚五郎も船原温泉で皮膚病を癒したと伝えられています。

また、船原館の一番のお薦めは、水深1.2メートルの「たち湯」です。

scan-002

館主が杉本錬堂氏と共同し、周囲の猛反対を押し切って作ったと言われています。

アメリカで生まれたアクアセラピー「ワッツ(WATSU)」と日本古来の湯治文化が融合して誕生した「天城流湯治法」の力を最大に引き出すために、通常の温泉にある浴槽より「広い・深い・適度な湯温」の3つのポイントを満たした癒し専用のお風呂です。

balneo_main

杉本錬堂氏も著書「温泉大国ニッポンのNEW湯治」の中でこう記しています。

「船原温泉の船原館の泉質は単純泉でカラッとしていて、私は伊豆の中でもきわめてよい泉質だと惚れこんでいる。(中略)ここ船原の泉質が非常にエネルギーが高く、クリアーで人の身体にいい効果が出ているような気がするからである。」

杉本錬堂氏がその泉質に惚れこみ、作り上げた「たち湯」をぜひご体験下さい。
>>船原館の温泉療法紹介ページはこちら

※「たち湯」のご利用には水着が必要です。忘れずにお持ちください。

※「たち湯」は温泉療法の利用がない時間は貸切で利用することが出来ます。ぜひゆっくりと「たち湯」の湯に浮かび、その心地よさを体験してみてください。
(貸切ご希望の際には、到着時に受付にて予約状況などをご確認ください。)

2. 伊豆の地元料理「お狩場焼き」

2011-09-18 18.30.11

非日常の旅に出る以上、取れたての地元の食材を食べないと旅の醍醐味が半減します。冷蔵や配送制度が整った現代、豪華な食事を食べたければ東京で食べるのが一番です。しかし、取れたての旬の食材を地元の食べ方で食べる贅沢は、現地でなければ味わえません。

船原館の自慢は、源頼朝が源氏再興を志して狩りを催した伝説から生まれた郷土料理「お狩場焼き」です。

2011-09-18 18.47.48 2011-09-18 18.45.02

お狩り場焼きは新鮮な地元の食材、冬から春にかけては猪鍋・山葵・山と海の幸などを囲炉裏端でいただく料理です。
伊豆の名産をお出しいたしますので、遠慮なく食材の由来や食べ方をお尋ねください。

おそらく頼朝も、配下の将兵達と狩りをして手に入れた獲物や地元の野菜を、炭で焼き鍋で煮込みながら囲炉裏や焚火を囲み将来の夢を語っていたのでしょう。竹筒に入れた地酒を囲炉裏で温めて酌み交わせば、来てよかったーとの声があちこちから漏れ聞こえてきます。

天城流湯治法とは?

伊豆高原在住の杉本錬堂氏が自身の病気や怪我を克服する過程で築き上げた独自の健康法です。
『自分の身体は自分で守る!』をモットーにしています。
自分の身体の状態をどのように知り、どのように自分で”手入れ”すればよいのかを具体的に紹介しています。

痛みの緩和法の他、温泉療法、呼吸法、音楽療法など大地と一体となる自然療法で身体も心も緩め、心地よく生活していく術を教えています。
伊豆の屋根、天城連峰を抱える伊豆で生まれた温泉療法を基盤とする療法です。
錬堂塾HPより引用)

amagi6

>>杉本錬堂氏による天城流エクササイズ動画はこちらから。

杉本錬堂氏プロフィール

rendo2
杉本 錬堂(すぎもと れんどう) 天城流湯治法・湯治司

■略歴
1996年 健康保養によるまちづくりと地域活性を目指すヒーリングストーンズを設立。
2000年 日本の温泉療法アドバイザーとして招待され渡独。
2001年 NPO 法人錬堂塾を設立。静岡県地域づくりアドバイザー健康・福祉・まちづくりアドバイザーとなる。
2007年 世界民族長老会議へ日本代表オブザーバーとしてペルーを訪問。
2007年より、新しい湯治場づくりや温泉セラピスト育成に力をいれながら全国ツアーを展開。世界に誇れる日本の健康文化として海外へも進出。
2011年から、その特異な体験を次世代に伝えるべく、ヨタ噺プロジェクトを始動。各地で講演会を開催している。

>>錬堂氏が主宰を務める、錬堂塾ホームページはこちら

治し家院長かどちんからのメッセージ

doctor_profile

錬堂さんは私の尊敬するセラピスト。日本でも珍しい、湯治セラピスト(湯治司)です。

源泉の水流を使った治療、温泉の中でのストレッチ・指圧、そして母の胎内に戻る体験のできる源泉内でのワーク・・・・と、すごい「天城流湯治法」 を創りだしている方です。
自他共に認める、世界一の温泉セラピストであると私は思っています。

参加される皆さんは、きっと生まれて初めての体験ができると思います。
癒し目的でも、病気療養目的でも、ぜひいらしてください。

伊豆の自然やお食事を味わいながら、本当の温泉の目的である「湯治」を体験しましょう!!

治し家院長 角谷敏宣(かどちん)

ツアー日程詳細

【ご注意】

現地までの往復の交通手段はご自身にてご手配ご用意下さい。
旅行代金には現地までの往復交通費は含まれておりませんのでご注意ください。

【日程】

2012 年2月25日(土)~ 27日(月) (2 泊3 日)
※1泊2日でのご参加も出来ます。申し込み時にお問い合わせください。

【スケジュール】

 schedule1
※最終日のお帰り時間に関してご希望がございましたらお知らせください。

【開催場所】

伊豆「船原館(静岡県伊豆市上船原518-1 Tel:0558-87-0711)


大きな地図で見る

【定員】

20名(先着順)

【参加費】

2泊3日:¥45,000(交通費別)
2名以上でのお申し込みの場合:¥43,000(一人)

1泊2日でのご参加希望の場合:¥35,000
2名様以上でお申し込みの場合:¥33,000(一人)

※現地までの往復交通費および交通のご手配はご自身でご用意ください。

【持ち物】

水着、動きやすい服装

【プライベートセッション(オプション)】

錬堂による温泉でのフローティングプライベートセッション(30分 / ¥20,000)※1日2名様限り
錬堂によるフロアでのプライベートセッション(30分 / ¥10,000)
角谷によるフロアでのプライベートセッション(30分/¥3,000)

ツアーのお申し込みについて

ツアーのお申し込みは、下記申し込みフォームよりお願いいたします。

お申込みはこちら

なお、お電話(03-5938-7048)からのお申し込みもお受けいたしております。
お申込み後1週間以内に下記口座宛に、参加費(人数分)をお振り込みください。

ゆうちょ銀行 記号10990 番号22219851
角谷敏宣(かどやとしのぶ)

※キャンセル料について
2日前のキャンセルは半額、当日のキャンセルは全額のお支払となります。ご了承ください。

湯治ツアーへのよくあるご質問

二日目の昼食も旅行代金に含まれているのでしょうか?
昼食は別途負担となります。旅行代金に含まれているのは、朝夜の二食のみとなります。

修善寺駅までの往復の交通についてはどうなるのでしょうか?
 修善寺駅までの交通費は各自負担となりますので、ご都合のよい交通手段でお越しください。修善寺駅から船原館までは送迎がございます。
(集合時間に間に合うようにいらしていただければ、どのような交通手段でも構いません。)

持ち物欄に「水着、動きやすい服装」のみが書いてありますが、それ以外には特に必要ないのでしょうか?
水着と動きやすい服装以外は、通常の旅行時と同じで、旅館のアメニティをご利用いただけます。
浴衣の用意がありますので、寝巻きなどは必要ありません。
(もちろん、ご自身でご入用のものなどがあればお持ちいただいて構いません。)

部屋割りなどはどうなるのですか?
ご夫婦やご家族でご参加の場合には家族単位で同じ部屋になります。お一人のご参加の場合、他のお一人参加者の方(同性)との相部屋となります。ご希望がある場合には事前にお知らせください。

それぞれの日程の中に自由行動の時間はあるのでしょうか?
ツアーの中に講座やワークが含まれていますが、参加は皆様のご自由で、自由時間にしていただいても構いません。日程の中に自由時間もあります。

参加者同士の交流タイムなどはありますか?
もちろんあります。ぜひご参加ください。

食べられないものがある場合にはどうしたらいいですか?
食べ物の好き嫌い、アレルギーなどのある方は、事前に申し出てください。

最終日以降、延泊することもできますか?
希望次第で、最終日の後、延泊することは可能です。ご希望の場合はお問い合わせください。

その他にも、申し込み前に気になる点、お気づきの点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

前回開催時の参加者様からの声

前回のツアーにご参加された皆様から、ツアー後にいただいた感想をまとめました。

>>参加者からの声 その1
>>参加者からの声 その2
>>参加者からの声 その3

ツアーについてのお問い合わせ

ツアーについてご不明な点、気になる点などございましたら、こちらのお問い合わせフォーム よりお気軽にお問い合わせください。

また、お電話(03-5938-7048)にてもお受けいたしております。

あわせて読みたい関連記事

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ