対人恐怖症の原因と身体から改善

対人恐怖症は、神経症の一つで、先進国に多い症状。特に日本では非常に多く、米国の精神医学会では、文化に結びついた症候群として紹介されている程。

日本で対人恐怖症が多い理由は、社会的に同調意識が強く、嫌われて村八分になると逃げ場所がない文化が影響していると思います。ほら、最近の流行語の一つ「空気を読め」なんて同調意識の最たるもの。人との共感能力が強すぎても弱すぎても、人の気持ちや考えを慮りすぎてストレスを溜めこみ、対人恐怖症・不安神経症になってしまいます。

スピーチをする人

対人恐怖症とその改善

パニック障害などとも似た症状で、多くの患者さまが複数の症状を抱えて困っています。

対人恐怖症はあがり症とも言われ、人前で、必要以上に緊張しやすい。普段通りに行動・話すことができない症状で、会議・スピーチ・ミーティングなどのコミュニケーションが取りにくいため、日常生活や社会生活に支障をきたします。

対人恐怖症になると相手がどう考えているかなど、相手のことが気になり、自分自身の個性が出しにくくなります。すると悪いスパイラが生じます。

嫌われないように個性を出さないあなたの態度のため、相手も受け答えしにくく会話が弾みません。その結果、やっぱり嫌われた・自分なんて誰も好きにならないと思い込んでしまい対人恐怖症が強化される例がしばしば。

当院は、パニック障害同様に、身体を改善することで精神的な症状を改善する方針によって、対人恐怖症の患者様の症状改善を行っています。

対人恐怖症でも起きるパニックの正体は交感神経の過緊張と血流不全。過緊張になると首や肩がこり、呼吸が浅くなるため、不安感や恐怖感が起きてきます。これらはそれぞれ違った症状に見えますが、実は同じ原因から起こる症状です。

その原因とは自律神経の交感神経過緊張と過緊張からくる血流不全。

対人恐怖症になりやすい人

神経質、感受性が高い、気を遣いやすいなどがあります。これらは特性であり、欠点ではありません。失敗しても構わないと開き直ることが対人恐怖症の改善には肝心。

 

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ