眼精疲労は首の【天柱・風池】のツボを刺激するとスッキリします。

眼精疲労(眼の疲れ)を訴える患者様が増えています。

パソコンや携帯電話・スマートフォンの普及で長時間にわたり凝視することで目や肩・腰など様々な個所にむくみやこりが生じてきます。私はこの症状をパソコン病と名付けました。

今回、マキノ出版から出た「目が劇的によくなる最強辞典:専門家が教える26の視力回復・健康法」という書籍に私の記事が掲載されましたのでご紹介いたします。

首のツボ・天柱・風池への刺激

眼精疲労の患者様には首の後ろのツボ【天柱(てんちゅう)】【風池(ふうち)】に鍼を打ちます。ここを刺激することでうっ帯していた頭から首筋にかけての血流改善に効果的です。

【目が劇的によくなる最強辞典:宮永嘉隆監修:マキノ出版】
天池&風池のツボ

近視以外にもドライアイ・ちょっとした目の疲れが増えているせいかこの本の売れ行きも好調です

鍼(はり)以外でも自分の指を使いツボを刺激しても効果出来ます。痛気持ちいい個所を見つけて中指でぐっと刺激してみてください。

ちょっと疲れた時に気軽に行うと目がすっきりします。

なお、症状が重くてなかなか改善しない場合には、西荻窪&藤沢の治し家鍼灸院にお越しください。

あわせて読みたい関連記事

治し家鍼灸院サイドメニュー1

トップへ