なおし家鍼灸院通信第2号「コリを溶かす施術」:2020年4月号

新しいメンバーも加わり新年度スタート!

4月からフレッシュな新人も加わり、スタッフ全員で、なおし家鍼灸院をさらにバーションアップしていきたいと思います。当院で大切にしているもののひとつが、心と心が通い合う「心の交流」。
患者さまとの交流、スタッフ同士の交流、さらには、私達たちひとりひとりが自分の家族との関係においても、「心の交流」を大切にしたいと考えています。

なおし家 鍼灸院通信第二号PDF版(ファイルサイズが、2.34MBと大きいため、ダウンロード時は通信環境等にご注意ください。)

ひ・と・こ・と

角谷院長「なおし家鍼灸院独自の鍼とセルフケアによって、血流を良くし免疫力を高めることが出来ます。大変な時期ですが、免疫力を強くしてみんなで乗り越えていきましょう」
すがこ「施術はやれませんが、みんなが笑顔になれるようサポートできればと思います。今、4コマ漫画にハマっています。笑」
まさふみ「現在鍼灸学校に通いながら勉強させていただいております。SNSやWEBサイトの写真なども撮っているので、ぜひぜひご覧くださいませ。まだまだできることは少ないですが、よろしくお願いいたします」
まり「鍼の力で、皆さまの諦めていたあんな事こんな事ができますように✨ 」
ゆうた「4月から入りました湧太です。まだまだ未熟ですが、皆様の健康の手助けができるように頑張りますので、よろしくお願いします」

なおし家鍼灸院が大切にしている「コリをとかす施術」

「コリ」とは、体に現れる異常なかたまりのことー。

体のコリには、「筋膜のコリ」「骨ぎわのコリ」「血のコリ」「水のコリ」「気のコリ」があります。また、ガンなどの腫瘍もコリの一種としてとらえることができます。当院でやっている施術は、そのコリをとらえて、鍼や手技でコリを溶かしていき、本来あるべき状態に戻すという方法です。

よしこ「なおし家鍼灸院にしかない、世界にひとつの治療法“コリを溶かす”という技術は、何十年もの辛いコリをふわっと緩めて、カチカチだったコリを瞬時に変化させることが出来ます。その時の患者さまの感動、狐につままれたような表情…。私はそんな瞬間に立ち会えることがとても嬉しく思います。また、よくおっしゃっていただくのが「どこに行っても良くならなかったけど、ようやくここに辿り着きました」という一言です。これを聞く度に、この溶かす技術が本当に素晴らしいものだと確信しています」

首・肩コリの鍼施術をする院長

一方、体以外に、心のコリもあります。
心のコリとは、その人の人生でつくったマイナス(抑圧した思い、まちがった思いこみなど)が、心の中でかたまり(傷)となったものです。それらがたまってしまうと、パニックや鬱などの精神的な症状として現れやすくなります。

ですから、抑圧した想いなどを、自分が理解したり、周りの人がわかってあげたりすることで、心のコリや傷が解消されていくのです。当院では、体と心の両面からコリを溶かしていくという根源的な施術ができるように、研究、実践を重ねています。

浦鉄平講師との対談を終えて

「根源治療セミナー」の講師をしていただいている浦講師が、先日、施術のために来院され、施術後、二人でプチ対談をすることができました。今、新型ウイルスコロナの感染が広まり、人々は皆、コロナに感染するんじゃないかという不安、経済的な不安、そしてこれから生活はどうなるのかという大きな不安を抱えています。それらの不安や恐怖が心のストレスになって、パニック障害や鬱などの病気がこれから増えてくるでしょう。それに対してどうしていけばいいのか。また鍼灸院としてどう社会に貢献できるのかということを、二人で話し合うことができました。

カウンセラーである浦講師は、意識と心の専門家でもありますが、浦講師曰く「人々が自分の不安や恐怖の根源を理解し恐怖が溶けると、病状が同時に消える」とー。
そのことをこの10年間、数千人のカウンセリングを通し、パニックや鬱などを根治させてきた実績から、はっきりつかんでおられます。

そして私は、この6年間のパニック障害の施術を通じて、不安や恐怖を感じた時、深層筋にコリができ、そのコリが自律神経のある脳(間脳)を圧迫してパニック発作や鬱などの症状が起こることがわかり、その深層筋のコリを鍼などで緩めると症状がなくなってくるということを発見しました。この二人の臨床を通しての心と体の発見は、コロナショックに対する処方箋ともなることを、改めて実感しました。

浦鉄平講師との対談を終えてまた、浦講師は「コロナによって人が亡くなったりという辛い面はありますが、同時に環境や家族などが再生しているという部分もある。破壊と再生が同時に起きているこの秩序がありますので、それを見極めながら何が大事なのか、何を優先すべきのかを見ていかないといけないですね」とも語ってくれました。

働き方、生き方、世の中の価値観が変わろうとしている今この時ですが、なおし家鍼灸院はこれからも施術を通してその方の免疫力をあげ、パニック症の方や不安をお持ちの患者さんの心のケアを行うことで、社会に貢献できるということを改めて確信できました。

(角谷敏宜)

浦鉄平講師
▲浦鉄平講師(右)と角谷院長(左)
浦講師との8回目になる「根源治療セミナー」は、次回6月14日(日)に行う予定です。

院長かどちんの日常 第一話

あ行一行目

by 妻 すがこ 作

Copyright © 2020 なおし家 鍼灸院 03-5938-7048

関連記事

  1. 謹賀新年 なおし家 鍼灸院通信 創刊号:話題のファシアと鍼の…

鍼灸院:施術手順

  1. 治療
PAGE TOP