パソコン作業が作る腰痛-理論とその施術法-

<かどや式腰痛治療の理論>

【椅子から立ち上がれず、腰がくの字】

62歳の大下さんはおひとりで旅行会社を経営。パソコンの前に一日中座っている仕事。
この2~3日仕事に忙殺されていたら、夜になって腰が痛くなり、椅子から立ち上がれなくなってしまいました。
ようやく立っても、腰がくの字に曲がってしまった状態です。

【原因はねじれた体勢でのパソコン作業】

聞くと、パソコンは、正面にはなく、体を右に向けてパソコンをやっているとのことでした。
このねじれた体勢で、しかも亀首猫背の姿勢で一日パソコンをやっていれば、誰でも首と腰を痛めてしまいます。

【パソコン作業による腰痛の8割は大腰筋を痛める】

パソコン作業による腰痛の8割ほどは、大腰筋を痛めます。
人間は腰と首とで姿勢を作っていますから、腰を痛めれば首も痛めます。

つまり、腰や首を支えるインナーマッスル(深層筋)が、棒状に硬くなってしまうのです。
インナーマッスルは骨を支える筋肉です。
インナーマッスルが正しく働いて、正常に姿勢を保つことができます。

【骨とインナーマッスルはテントのポールとロープの関係】

骨がテントのポールだとすると、ポールを支えているロープがインナーマッスル。
ロープは弾力があるからポールを支えることができるのですが、ロープが棒だったらどうでしょうか。ポールを正しく支えられません。
一つのロープが棒になったら、ポールは傾いてしまいます。ポールを支えるロープ全部が棒だったら、ポールは倒れてしまいます。

【ポールが腰の骨、ロープが大腰筋】

腰痛にこのことを当てはめてみると、腰椎(腰の骨)と腰盤がポール、腰の骨を支えているロープが大腰筋です。

悪い姿勢で長時間座ってパソコン作業をしていると、大腰筋が凝ってきます。

【大腰筋が凝ると腰が伸びない、くの字になる】

大腰筋が凝ると、腰をまっすぐに伸ばせなくなり、くの字になってしまうのです。
そして凝っているところが硬くなり、麻痺してきます。

【長時間続くとギックリ腰に】

それが長時間続くと、表面の動かす筋肉でありアウターマッスル(表層筋)が働かなくなり、
ギックリ腰となり、腰を動かすこともできなくなってしまうのです。

【慢性化すると坐骨神経痛】

腰を支える筋肉である大腰筋が硬くなり、麻痺した状態が何か月も続いてくると、そのコリが坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛となり、下肢がしびれたり、下肢の筋肉がつっぱったりするわけです。

【首にもコリが出る】

そして大事なのは、腰とバランスを取っている首にもコリが出てくることです。大下さんの場合は、坐骨神経痛まではなっておらず、ギックリ腰の状態でした。

 

<かどや式腰痛治療の実際>

【百会への穿刺】

大腰筋を痛めた場合の腰椎の鍼治療は、まず百会への穿刺を行います。
大下さんの場合も、まず仰向けの状態で百会の穿刺を行いました。

【百会は自律神経のバランスをとり、腰痛を軽くする】

百会は自律神経のバランスをとるツボです。
また、百会は腰痛を軽くするツボでもあります。
百会の穿刺によって、パソコン作業で緊張している神経(交感神経緊張状態)の緊張をほぐします。
すると全身の筋緊張も緩むようです。

最初、大下さんに仰向けの状態で腰を上げてもらうと、上げようとすると腰が痛くて、あげることができませんでした。
しかし、百会への穿刺を行った後には、少し上げられるようになりました。
腰を動かすアウターマッスル(表層筋)の緊張が少し取れてきたようです。

【背中の凝り具合を見る】

次にうつ伏せになってもらい、背中全体の凝り具合を診ます。
大下さんの場合、大椎(だいつい、胸椎1番のきわ)と隔兪(かくゆ、胸椎7番のきわ)にコリがあり、腰には腰の両側にある志室(ししつ、腰椎2番外側)のラインにコリがありました。

それに、志室と相関する首の筋肉である、頚椎3番の2側にもコリがありました。
【大椎と隔兪に溶かすハリ】

まず、大椎と隔兪に出ているコリを寸3・1番の鍼で「溶かすハリ」の鍼法でコリを溶かしました。

【首に溶かすハリ】

次に横向きになってもらい、頚椎3番の外側のコリを寸3・1番の鍼で「溶かすハリ」の鍼法で、コリを溶かしました。

【志室の麻痺をとるハリ】

そして最後に志室に出ているコリを2寸・3番の鍼で「麻痺をとるハリ」の鍼法で、8センチほど奥にある、麻痺して硬くなっているコリの中心に針先を到達させて
そのコリの麻痺をとりました。

【大腰筋が棒からゴムに回復】

この志室の奥の部位こそ、大腰筋が凝って硬くなって麻痺しているところです。
その大腰筋の麻痺をとることで、棒状になっていた大腰筋がゴム状に戻り、正常なインナーマッスルに回復します。

このことで、くの字になっていた腰が真っすぐに戻り、腰の痛みも取れました。

これがパソコン作業によって作られる腰痛の、一般的なかどや式治療法です。

(※鍼法やツボ名、詳しいツボの部位は、プロの治療家用に書きましたので、一般の方にはわかりにくいかもしれません。)

【90分で治療完了】

始まってから終わるまで、約90分間の治療でした。
大下さんはベッドから軽く起き上がり、「腰が楽になりました!ああ、楽になった!軽くなりました!ありがとうございます。」
とおっしゃってくださいました。

関連記事

  1. 首への鍼

    パソコン病でできるマウスのコリとは?

  2. あなたもパソコン病(デスクワーク症候群)かも。自己診断方法

  3. ずっとつらかった症状が回復し、感動しました!

  4. パソコン病療法が本になりました!

  5. 背中の山脈コリを鍼でほぐす方法

  6. 背中から肩甲骨のコリ(山脈コリ)ができる原因

PAGE TOP