パソコン病療法が本になりました!

「からだと心を犯すパソコン病ーその解明と治療法ー」

このたび、なおし家鍼灸院で行なっております「かどや式パソコン病療法」が本になりました!
でじたる書房にて8/24より発売になっております。

なおし家 鍼灸院でおこなっているかどや式パソコン病療法のすべてがわかります。
ぜひ一度ご一読くださいませ。

院長からのご紹介

ここ20年間、パソコンが出現してから、世の中、地球が大きく変わりました。
文字通り、世界中の人々がパソコンを使うようになり、世界との交信が瞬時に出来、世界中の情報が出入できるようになりました。

さらに最近では、文字から動画、3Dへとますます進化しています。
その反面、パソコンによるマイナス面もでてきました。パソコン作業による筋肉、目、神経、精神への負担といった、からだと心を犯す新しい現代病が現れました。 最近この病気をVDT症候群、日本語ではパソコン病と呼ぶようになりました。

私は、このパソコン病を統合療法として治療するシステム「かどや式パソコン病療法」を開発しました。

パソコン作業でできてしまうインナーマッスル(深層筋)のコリにはオリジナルの「かどや式深層筋療法」を応用し、目や神経・精神の症状に対しては、刺絡治療や温熱治療を応用して完成させた療法です。

この本では、上下巻に渡って、この「かどや式パソコン病療法」を詳しくご紹介しています。
この本が、パソコン病で悩んでいるすべての方の助けになれば幸いです。

※実際に「かどや式パソコン病療法」を、治し家鍼灸治療院にて受けていただくことが出来ます。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

▼ご購入、詳細はこちらから↓

パソコン病の本
>>からだと心を犯すパソコン病 -その解明と治療法-(上巻)
>>からだと心を犯すパソコン病 -その解明と治療法-(下巻)

関連記事

  1. 主婦の友社発行の「健康」2014年5月号にてふくらはぎもみが…

  2. 「セラピスト」8月号にて角谷院長の「首凝り」についてのコラム…

  3. パソコン作業が作る腰痛-理論とその施術法-

  4. 身体の自己治癒力を引き出す杉本錬堂師のワークショップ開催

  5. パソコン病療法を動画でご紹介しています。

  6. 月刊医道の日本2月号の【オフィスワークによる症状のアプローチ…

PAGE TOP